家庭と仕事を両立しましょ!

在宅が嬉しい『データ入力』

在宅が嬉しい『データ入力』

インターネット環境とパソコンさえあればできるデータ入力のアルバイトは在宅でできる仕事なので主婦の方には非常におすすめのアルバイトです。ここではデータ入力のアルバイトの仕事内容と収入について紹介していきます。

LINEで送る
Pocket

パソコンに入力していく仕事

パソコンに入力していく仕事としては「データを入力するもの」と「文章を書く仕事」の二つが主な仕事になります。ここではそれぞれの仕事内容を紹介しましょう。
まずはデータをパソコンに入力する仕事ですが、これはお店の名前や電話番号、所在地といった各種データを入力していくのが仕事になります。紙に印刷されたデータをパソコンに入力する他にも既に用意されているデータを変換するような仕事もあります。入力したデータを提出する必要があるため、エクセルのような広く使われているソフトを使って入力するケースが多いようです。
パソコンに入力していく仕事にはもうひとつ、文章を書く仕事というのもあります。この仕事はライティングやリライトとも呼ばれています。既にある文章を参考にして、元の文章の意味を変えずに言い回しを変えるなどして新たに文章を作成するのが仕事になります。参考にする文章には基本的には著作権があるためそのまま転用することはできません。文章の読み書きが得意な人にとってはかなり楽な仕事といえるかもしれません。
パソコンに入力する仕事は在宅ででき、パソコンとインターネット回線、基本的なパソコンのスキルがあればこなせる仕事です。このため主婦の方が空いた時間にするのにピッタリといえるでしょう。また、通勤時間がゼロで交通費もかからないところは魅力的だと思います。

データ入力の収入はいくら?

パソコンを使い在宅でデータ等を入力する仕事の収入ですが、これは人によって受け持つ仕事の数がバラバラなので収入がいくらになるかを一概にいうのは難しいところがあります。また、データ入力や文章作成は個々のスキルの差(タイピングや文章作成の速度)があるため、こなせる仕事の量もバラバラなようです。
情報によればデータ入力は時給換算で六百円くらいまで、文章作成の仕事はスキルによっては高い人は千円くらいまで貰うことは可能なようです。データ入力も文章作成の仕事もパソコンに入力する仕事という点では一緒ですが時給に差が出るのは仕事内容に差があるためです。データ入力はデータを見ながら入力していくだけの簡単な単純作業ということで文章作成の仕事よりは報酬が低めになります。一方で文章作成の仕事は元の文章を読んで考えた上で文章を作成していく必要があるためデータ入力よりは報酬が高くなるわけです。
これらの仕事は自分の好きな時間にすることができ、仕事もやりたい時だけ引き受けるといったことができます。上で説明したように通勤時間もかからないため主婦の方にはピッタリのアルバイトといえるでしょう。

プレママからの注目を受けているノウハウ

在宅が嬉しい『データ入力』
在宅が嬉しい『データ入力』

主婦の方にはスキマ時間と呼ばれる少し余裕ができる時間があるかと思います。もし働くのであればこのスキマ時間を上手に活用したいところです。しかし、スキマ時間が一日の中に細切れにあってもそのたびに働きに出かけて行くというのはなかなか大変なことです。今回紹介するパソコンを使ったデータ入力と文章作成のアルバイトなら、自宅でできるので空いた時間に自分のペースで仕事をすることができます。経験も不要ですので主婦の方にはとてもおすすめです。それではデータ入力のアルバイトの仕事内容や収入を見ていきましょう。

育児中は仕事をセーブ
育児中は仕事をセーブ

子供がいる家庭では仕事と家庭をどのように両立させればいいのでしょうか。特に子供がまだ小さい家庭では育児で手を抜くことはできないわけですから、結婚する前の頃のように仕事を頑張ることが出来るのかどうか心配なのではないでしょうか。そこで今回は子供を持つ方に向けて、仕事と家庭の両立方法を紹介したいと思います。以前のようにこれからバリバリ働こうと考えている方はちょっと待ってください。ここではほどほどに抑える働き方を教えますのでぜひ参考にしてください。

洗濯は同時進行がポイント
洗濯は同時進行がポイント

洗濯は面倒だという話はよく聞きますが、洗濯が好きだという話を聞いたことはほとんどないと思います。これは洗濯した後に干して取り込んでたたむという作業があることがその理由ではないでしょうか。働きながらも家事をしっかりこなしたいと考えている主婦の方なら、この面倒な洗濯からたたみ作業までを楽に済ませたいところでしょう。そこで今回は洗濯からたたみまでの作業を効率化するテクニックを紹介したいと思います。ここで紹介するテクニックを使えば手間が省けるはずです。